yumatoraru’s blog

取りあえず遊戯王について色々話します。たまに別の事も話すかも。タッグフォース大好き!あげはとひなたは俺の妻。

【御伽龍児】トークン☆ダイスロール

「まあ、これくらいの派手さがないとね☆」

今回紹介するのは御伽君のデッキです!

…とは言え御伽君の使用カードといえばろくに使えるのは≪ゴッド・オーガス≫及び≪サモン・ダイス≫しかありませんため、ベースとなるのはTFSPでトークンメインのデッキを使用していたため御伽君のデッキは【トークンリンク】デッキでそこに≪ゴッド・オーガス≫をぶち込んだ形にしてます。

f:id:yumatoraru:20190312023957p:plain

トークン☆ダイスロール

 

デッキ名:「トークン☆ダイスロール」

使用者イメージ:御伽龍児

デッキレベル:7

お気に入り:≪ゴッド・オーガス≫×2、≪サモン・ダイス≫×2

 

≪ゴッド・オーガス

御伽君のエースモンスター。元々はこのデッキ自体は≪ゴッド・オーガス≫がOCG化する前に考えていたためこのカードはそれに直接ぶち込んだ形になっています。

漠然と入ってこそますが、≪二重召喚≫がガン積みしている上、下記の通りトークン生成モンスターが多く、また直接特殊召喚できる≪サモン・ダイス≫もあるため意外と出てくると思います。

 

≪サモン・ダイス≫

ギャンブルカードでこそありますが比較的デメリットが薄いのと実際に御伽君が使用したカードなので採用。

通常召喚時に効果を発揮するモンスターが多めなのもあり、1・2が出た際の追加召喚権の恩恵もでかいため結構相性がいい。

効果による直接的な召喚権の追加のため≪二重召喚≫の影響を受けずに追加の召喚権を得れるのも評価点。

これにより最大3回もトークン生成効果を持つモンスターを召喚する事が可能であるため場合によっては大きなアドバンテージを取ることができます!

特に≪幻銃士≫の場合は一度に出せるトークンの量が多いために強力なリンクモンスターを立てやすくする事が出来ます。

 

≪メタボ・サッカー≫≪タン・ツイスター≫のコンボ!

恐らくこのデッキの最大のオリジナリティ点の一つ。

≪二重召喚≫もしくは前のターン生き残った≪メタボ・サッカー≫をリリースし、≪タン・ツイスタ―≫をアドバンス召喚

これにより≪メタボ・サッカー≫のリリースされた際にトークンを呼び出す能力が発動。つまりアドバンス召喚した状態=墓地へ行った場合に2枚ドローできる状態の≪タン・ツイスタ―≫と≪サッカー≫によって出現した3体のトークンがいる状態になり強力なリンク召喚が可能な状態になります。

元々このデッキが思いついたきっかけ自体がカードを整理時にこの二枚を見つけ「あれ?もしかしてリンクがある今こいつらめっちゃいいコンボなのでは…?」とまるで忘れかけていたピースの輪がはまるような合致感…ここから一気に考えがまとまりトークン活用型リンク召喚デッキを思いつきました。

この2体のデザインも初期の遊戯王を連想させ、イラスト的にも≪ヤランゾ≫や≪13人目の埋葬者≫を使っていた御伽君には悪くないと思い、これらを採用しました。

≪サッカー≫はリンクやエクシーズのお供である≪デスガイド≫ちゃんでもリクルートできるため比較的ひっぱてきやすいです。

 

≪簡易融合≫

除去効果持ちのリンクモンスターを多めに採用しているとはいえやはり他の召喚方法のモンスターに比べると除去能力が低めのため特殊召喚先の≪サウサク≫で相手モンスターを吸収しつつリンク素材を確保していきます。

 

基本戦術

 

≪幻銃士≫や≪幻獣機≫による召喚時効果でトークンを生成し、各種リンク召喚に繋げていきます。通常召喚時効果のカードが多く、更にそれらのカードのリターンがでかいため≪二重召喚≫もガン積み。

隙あらば≪ゴッド・オーガス≫や≪ダーク・アームド・ドラゴン≫などの大型上級モンスターで攻めていきます!

そして、一番の目玉コンボはやはり上記の≪メタボ・サッカー≫&≪タン・ツイスタ―≫による最大リンク4+二枚ドロー!

 

こだわり

TFSPの御伽君デッキを意識して、また単にリンクしやすいようにもトークン生成能力を持つカードを多めに構成しています。

≪フラッグのリンゴ≫が採用されているのはその最たる理由ですね。

オーガス≫OCG化前の構成ではそこの枠にそのまま≪ゴーズ≫が二枚入っていましたが、流石にそれだと上級モンスターが多すぎると思い敢えて除外。

 

…今回はこんな感じですね。

それでは、シーユー(CV.葛城巧)