yumatoraru’s blog

取りあえず遊戯王について色々話します。たまに別の事も話すかも。タッグフォース大好き!あげはとひなたは俺の妻。

【ミント・ロケット】暴走!!スプリガンズ・ロケット!!【スプリガンズ】

 「うるさーい!うるさーい!」

 

 

今回の紹介デッキ

 

今回のデッキは今月末発売「ブレイジング・ボルテックス」収録の《スプリガンズ》!

使用者イメージは今までは余り合うデッキがなかったため妥協で《プランキッズ》に使用者を設定していたミント・ロケットちゃん!

炎属性・機械族という《ヴォルカニック》やとある架空デュエルでは《列車》を使っていたミントちゃんにはロケットタイプのモンスターが多い事も相まってまさにぴったりなカテゴリ!

 

キャラ紹介

 

      f:id:yumatoraru:20201022175930p:plain

 

ミント・ロケット

 

TF4から登場した少女。参戦作品はTF4~6まで(一応、TFSPでも少しだけ出てきます)

ロケットが大好きな少女で使用デッキの名前には昔ジャンプで連載していた漫画「ロケットで突きぬけろ」から取られている。(自分はこの作品知らないのでデッキ名に反映できてなくてすみません…)

かなりキャラの好き嫌いが激しくほぼ全てのキャラが-2段階というかなり珍しいキャラ。一方で彼女自体を会わせてもそこまで機嫌が下がるキャラがいない。

…TFSPの描写ではマーサハウス出身ぽいけどこれだとマーサ凄く苦労しているんじゃ…とか思いましたね…w(流石にマーサに対しては素直だと思いたいですが…w)

攻略wikiには「ロケットは好きではあるがロボットは嫌い?」とか未来組と絡まれて書かれているけど恐らく彼女達が生きている時代ではアンドロイド自体が珍しいため単にプラシド達の正体に気づけなかっただけの可能性もある。(そもそもアンドロイドが普及している世界じゃない限り普通に考えて人にそっくりなアンドロイドを見抜ける人はそうそういない、と言うか皆無だろうし)ここら辺については創作する人次第で解釈が分かれる事になると思います。(自分作ではまだここら辺特に決めてないので無反応設定)

使用デッキはゲーム内では《ヴォルカニック》及び初期デッキでネタデッキに近い【ロケット】を使用。

自分作では今後【スプリガンズ】を使用。炎属性・機械族で尚且つロケット型のモンスターが切り札な事からまさに彼女に相応しいテーマだと思い、すぐに使用者に定めましたねw

主な使用カードは上記の通りゲーム内ではオブライエンのデッキを使っているため省略し、《スプリガンズ・ロッキー》、《スプリガンズ・キャプテン サルガス》、《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》、《スプリガンズ・コール》、《スプリガンズ・ブラスト》、《鉄駆竜スプリンド》、切り札は当然《スプリガンズ・シップ エクスブロウラー》。

 

デッキレシピ

 

暴走!!スプリガンズ・ロケット!!

 

モンスターカード 22

 

スプリガンズ・キャプテン サルガス》×3 《スプリガンズ・バンガー》×3 

スプリガンズ・ロッキー》×3 《スプリガンズ・ピード》×3 《アルバスの落胤×3 

《海亀壊獣ガメシエル》×2 《教導の聖女エクレシア》×2 《教導の騎士 フルルドリス》×1 

《アークジェット・ライトクラスター》×2

 

魔法カード 9

 

《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》×3 《スプリガンズ・ウォッチ》×3

《テラ・フォーミング》×1 《おろかな埋葬×1 《ハーピィの羽根箒》×1

 

罠カード 9

 

スプリガンズ・コール》×3 《スプリガンズ・ブラスト》×3

《ドラグマ・パニッシュメント》×1 《ドラグマ・エンカウンター》×2

 

EXデッキ 15

 

スプリガンズ・シップ エクスブロウラー》×3 《鉄駆竜スプリンド》×3

《痕喰竜ブリガンド》×1 《灰燼竜バスタード》×1 《宵星の機神ディンギルス》×1

《神竜騎士フェルグラント》×1 《No.27 弩級戦艦―ドレッドノイド》×1

《超量機神グレートマグナス》×1 《天霆號―アーゼウス》×1 

《幻子力空母エンタープラズニル》×1 《無限起動アースシェイカー×1

 

デッキ解説

 

炎属性・機械族モンスターである《スプリガンズ》モンスターを中心としたデッキ。

スプリガンズ》モンスターは展開力こそ低いですが、手札・フィールド・墓地で《スプリガンズ》モンスターXの素材になる効果を持ち、尚且つ《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》の効果で場に《スプリガンズ》モンスターXがいなければ直接切り札である《スプリガンズ・シップ エクスブロウラー》を呼び出せるため豪快な破壊効果で相手の盤面を破壊していきます。

ただ《スプリガンズ》モンスター全体の特徴として自分のターンの行動力はありますが相手ターンにタッチする力が現状かなり少ないです。

一応、相手ターンには《サルガス》の除去能力と《スプリガンズ・コール》から呼び出した《アルバスの落胤》君の融合効果や《スプリガンズ・ブラスト》の効果で相手の行動を妨害していけるとは言え、少々限定的なところもあるので止めどころを見誤らずにいきたいです。

 

《エクスプロウラー》は効果こそ強力ですが、位置を参照する都合上大量破壊は相手フィールドに左右されるため《壊獣》で無理矢理ゾーンを移動させて、上手く破壊効果の範囲を広げていきます。

位置に関係するカードが多い事から当然《壊獣》との相性も抜群!破壊箇所をコントロールしつつ、効果を受け付けないモンスターはパクンチョして対処しちゃいましょう!

 

展開力が低いため《ゴールド・ゴルゴンダ》で出せる《エクスブロウラー》以外のEXモンスターについては単体で強力かつ盤面をひっくり返せるようなカードを多めに投入。

簡単にモンスターXを展開できる事から《アーゼウス》は当然相性抜群。

重ねる条件の戦闘も《ゴルゴンダ》の効果で打点不足も解消できるため問題になりにくく、展開力や相手ターンの動きに乏しい《スプリガンズ》にとっても《アーゼウス》の相手ターンにも使える除去能力は弱点を補えます。また《アーゼウス》の効果にはターン1制限がなく《スプリガンズ》の共通効果でX素材も貯めやすいため相手のデッキタイプ次第では《エクスブロウラー》経由の《アーゼウス》はそれだけで詰ませる性能スペックを発揮できます。

 

このデッキの問題点としてやはり基本的な展開を《ゴールド・ゴルゴンダ》に依存しているところが上げられます。《スプリガンズ》自体には展開力があるわけでもなく《ゴルゴンダ》による特殊召喚は正規のエクシーズ召喚扱いではないため蘇生制限を満たさないので《エクスブロウラー》3枚を失うと途端に動きが鈍くなってしまいます。

これについては《スプリガンズ・ロッキー》のサルベージ効果で問題になりにくいですが、問題なのは《ゴルゴンダ》には(当り前ですが)同名ターン1制限もかかっているため仮に《幽鬼うさぎ》等をくらえばそのターンはほぼ動けなくなります。

そうなった場合は上記の《アルバス》君や《スプリガンズ》罠カードの効果で上手く凌いでいきましょう。

 

締め

 

カテゴリ自体も面白く、久しぶりに「これ○○(使用デッキが決まってなかったり、アニメテーマ使っていたキャラ)の新しいデッキに相応しい!」と言うデッキが来てくれたため色々な意味で注目しているテーマです。

ミントちゃんには前々から炎属性・機械族のテーマを使わせるつもりでしたが中々その組み合わせのテーマが現れず、妥協策で《プランキッズ》を使用テーマにしていましたが若干イメージに合わない事もあったため《スプリガンズ》のおかげでようやくミントちゃんの使用デッキが固まったのは嬉しいぜ…新しいデッキを決めるにしてもイメージが合うデッキがこないとどうしようもないですからねぇ…

 

今回の更新は以上です。また何か思いつき次第更新します。

 

 ※よろしければTwitter及びピクシブのフォローもお願いします!

タッグフォース遊戯王の事をメインに話しています。

Twitter:https://twitter.com/gundamumikuxia

pixiv:https://www.pixiv.net/member.php?id=3355734