yumatoraru’s blog

取りあえず遊戯王について色々話します。たまに別の事も話すかも。タッグフォース大好き!あげはとひなたは俺の妻。

【Go鬼塚】ワールド・ダイナレスリング【ダイナレスラー】

「負けて腐るか…それをバネにするか…!負けてからが本当の自分なんだ!」

 

 

今回のデッキ紹介

 

今回の紹介デッキはGo鬼塚の使用デッキの一つ【ダイナレスラー】デッキ!

最近少しずつ使い方や構築に慣れてきたため紹介!

冒頭の台詞はソウルバーナー戦後の台詞を拝借しましたがこの台詞を言ったのが恐竜族であるこのデッキを初めて使ったデュエルでかつ負けた上での台詞なので色々な意味で同じく恐竜族使いで負け続けた竜崎を思い出したのは俺だけではないはず…w何気に竜崎と浅からぬ因縁の舞さんの言葉も混じっているのも好感。

 

__________________________________________________________________________________

 

デッキレシピ

 

f:id:yumatoraru:20201028055205p:plain

 

デッキ名:ワールド・ダイナレスリン

 

モンスターカード 24枚

 

《ダイナレスラー・パンクラトプス》×2 《ダイナレスラー・イグアノドラッカ》×3 

《ダイナレスラー・カパプテラ》×1 《ダイナレスラー・システゴ》×3 

《ダイナレスラー・エスクリマメンチ》×2 《ダイナレスラー・マーシャルアンガ》×2

《ダイナレスラー・バーリオニクス》×2 《ダイナレスラー・コエロフィシラット》×3 

《ダイナレスラー・マーシャルアンキロ》×2 《ダイナレスラー・マーシャルアンペロ》×3 

《魂喰らいオヴィラプター》×1

 

魔法カード 15枚

 

《ワールド・ダイナ・レスリング》×3 《タイラント・ダイナ・フュージョン》×2

《テラ・フォーミング》×1 《化石調査》×2 《時空超越》×2 《ハーピィの羽根箒》×1  

《死者蘇生》×1 《おろかな埋葬》×1 《おろかな副葬》×2

 

罠カード 1枚

 

《狡猾な落とし穴》×1

 

EXデッキ 15枚

 

《ダイナレスラー・キングT・レックル》×3 《ダイナレスラー・テラ・パルクリオ》×3

《ダイナレスラー・キメラT・レッスル》×2 《ダイナレスラー・ギガ・スピノサバット》×3

《クロノダイバー・リダン》×1 《鳥銃士カステル》×1 《エヴォルカイザー・ドルカ》×1 

《エヴォルカイザー・ラギア》×1 

____________________________________________________________________________________

 

デッキ解説

 

竜族の【ダイナレスラー】を中心としたデッキ。

《ダイナレスラー》は展開能力こそ低い物の《ワールド・ダイナレスリング》やダメージ計算時に発動し戦闘破壊耐性を付与する各種《マーシャル》シリーズによってバトルフェイズの防衛能力に優れるためそれを駆使し、相手の攻撃回数を制限し次のターンに備えながら素材などを確保します。

最終的には切り札であるリンクモンスター《ダイナレスラー・キング・Tレッスル》、融合モンスター《キメラ・Tレッスル》やSモンスター《ギガ・スピノサバット》などに繋げていきます。

 

キーカードとなるのは《イグアノドラッカ》や《システゴ》。

前者は《ダイナレスラー》では数少ない能動的な特殊召喚能力を持ち、自分の場の恐竜族をリリースする事でリリースしたモンスターとは別名の《ダイナレスラー》を墓地から守備表示で特殊召喚できます。これによりチューナーである《コエロフィシラット》を呼び出しSモンスターである《ギガ・スピノサバット》に繋げたり、《システゴ》を呼びサーチ効果に繋げるなどシンプルながら様々なルートに応用可能。

どちらも《化石調査》・《魂喰らいオヴィラプター》によるサーチに対応するため素早く手札に加えます。

 

その他重要なカードは《マーシャルアンペロ》で、手札・フィールドの自身を墓地へ送る事で《ダイナレスラー》の戦闘破壊を防ぎつつ、戦闘ダメージを半分にする効果を持ちますが重要なのは墓地で発動する⑵の効果で相手の攻撃時に墓地の自身を除外する事でデッキから《ダイナレスラー》カードをサーチ可能。

相手の攻撃に反応するサーチ効果という事で現代のデュエルのスピードを考えると若干遅めなサーチ効果と言えるがバトルフェイズ中に発動する効果を多く持つ《マーシャル》をサーチする事でこの遅めなスピードを補う事ができます。

 

____________________________________________________________________________________

 

締め

 

最近使い方に慣れてきたので以前に比べると不便さを感じなくなったデッキではありますがやはり鬼塚が最初に使っていた【剛鬼】デッキに比べると惜しいところが幾つか目立つのでもう少しだけ強化が欲しいと思ってしまう部分はやはりありますね。

個人的に欲しいと思う効果はやはり《ダイナレスラー》版の《スープレックス》。

…ますます「なんで《ダイナレスラー》作ったんだよ」疑惑が高まるとは言え《システゴ》という強力なサーチ効果を持ちながら中々特殊召喚する手段が限られるためコレだけは用意して欲しいと思うんですよねぇ…それさえ出してくれば後は能動的な特殊召喚能力はコンセプトの都合を考えてもなくていいので。

とは言え何やかんや《ダイナレスラー》も結構気に入っているデッキで、上記通り以前に比べると使い方にも慣れてきたので使っていて楽しいデッキではありますねw確かアニメ産というかそもそも恐竜族のカテゴリ自体《ダイナレスラー》でかなり久しかったはずなのでそう言った事も好きなテーマです。

…と言うか今調べたらそもそも恐竜族カテゴリこれと《ジュラック》及び《エヴォル》しかねぇのかよ…もう少しだけ恐竜族カテゴリ増えて欲しいですね…新しいタッグフォースの恐竜族使い増やす意味でも。

それとこれ、Twitterの方でも呟きましたが最近スリーブ及び足りないカード目的で「リンクヴレインズセット」を安かったのでもう二箱購入したのですがそこでシクの《イグアノドラッカ》1枚とスーレアの《システゴ》2枚手に入ったのも最近このデッキ使う意欲上がった理由だったり。

____________________________________________________________________________________

今回の更新は以上です。また何か思いつき次第更新します。

 

 ※よろしければTwitter及びピクシブのフォローもお願いします!

タッグフォース遊戯王の事をメインに話しています。

 

Twitter:https://twitter.com/gundamumikuxia

pixiv:https://www.pixiv.net/member.php?id=3355734

【伊藤】正義の力!セキュリティ・フォース!【S-Force】

「へへっ!正義の味方ここに推参!!」

 

 

今回紹介するデッキ

 

今回の紹介デッキはPSYフレーム・ドライバー」のフレーバーテキストに記載されていた《セキュリティ・フォース》がついにOCG化!!と言う事で《S-Force》デッキを紹介!!リアルタイムで放送見ていたので名前聞いた瞬間衝撃走りましたよ…

自分作での使用者のイメージは伊藤泰久君になっています。(彼についての解説及びこのデッキの使用理由については後述) 

______________________________________________________________________

デッキレシピ

 

デッキ名:正義の力!セキュリティ・フォース!

 

モンスターカード 22

 

S-Force オリフィス》×3 《S-Force 乱破千代丸》×3 S-Force プロフェッサー・ディガンマ》×3 《S-Force プラ=ティナ》×3 《S-Force グラビティーノ》×3 《カオス・ダイダロス×2

《海亀壊獣ガメシエル》×2 《幽鬼うさぎ》×3

 

魔法カード 13

 

S-Force ブリッジヘッド》×3 《S-Force ショウダウン》×3 《テラ・フォーミング》×1 

《緊急テレポート》×2 《死者蘇生》×1 《増援》×1 《コズミック・サイクロン》×2

 

罠カード 5

 

S-Force スペシメン》×3 《トゥルースリイン・フォース》×2

 

EXデッキ 15

 

S-Force ジャスティファイ》×3 《トロイメア・フェニックス》×1 《閉ザサレシ世界ノ冥神》×1 

《ヴァレルソード・ドラゴン》×1 《ウィンドペガサス@イグニスター》×1 

F.A. ライトニングマスター》×1 《HSR―チャンバライダー》×1 《瑚之龍》×1 《天威の龍鬼神》×1

《混沌魔龍カオス・ルーラー》×1 《氷結界の龍 トリシューラ》×1 

《氷結界の還零龍 トリシューラ》×1 《幻影騎士団ブレイクソード》×1

______________________________________________________________________

 

デッキ解説

 

S-Force》モンスターを中心とし、切り札である《S-Force ジャスティファイ》に繋げ、そのリンク先の相手モンスターを除去&効果を無効にしながら闘っていくデッキ。

S-Force》モンスターは自身の正面に存在する相手モンスターに関する能力を持ち、展開力及びサーチ能力に優れるため簡単に《ジャスティファイ》を特殊召喚が可能。

この手の位置に関するカードはどうしても能力の関係上戦闘及び除去に弱いですが流石11期産と言う事もありステータスの高めのモンスターが多く、メインデッキだけでもある程度ビートダウンができます。(下記にある通り性質上メインモンスターで闘わなければいけない面も多々あるためこれはありがたい)

 

ジャスティファイ》はリンクマーカーの向きの関係上除外効果が全く使えないと言う事は余程の事がない限り存在しないとは言え、どうしても除去したいカードについては《ガメシエル》による除去&配置移動、《スペシメン》による移動で無理矢理除去出来るようにします。

ジャスティファイ》だけでは対処ができない魔法・罠カードについては汎用魔法・罠除去である《コズミック・サイクロン》や《カオス・ダイダロス》で対処していきます。(EXに《トロイメア・フェニックス》が入っている理由もそれを補うためですね)

《カオス・ダイダロス》の除外条件を満たすカードには《ブリッジヘッド》があるため条件を満たすのも自然に可能。

役割が多少被ってしまいますがモンスターも除去できるためフィールドが揃わない時の保険にもなります。

 

ジャスティファイ》のリンクマーカー及び制約によりリンクモンスターを並べるのは難しいためリンク以外のモンスターも採用したいところですがリンクテーマの定めなのかレベルが見事にバラバラでチューナーも存在しないためエクシーズもシンクロも狙いにくいのが厳しいところ。幸い比較的メインデッキのモンスターの攻撃力が高めで、レベル3以下のサイキック族である《ディガンマ》が存在するため、相手モンスターを除去しつつメインデッキの高打点モンスターで攻めるか、上記の《ディガンマ》もリクルートできる《緊急テレポート》で呼び出せ尚且つ手札誘発でありチューナーの《幽鬼うさぎ》を使いシンクロしていきます。

______________________________________________________________________

 

キャラ紹介

 

伊藤泰久

 

TF4より参戦した少年キャラ。

口は悪いが正義感の強い少年であり将来の夢はセキュリティ(ZEXAL期以降に参戦していた場合は別の警察組織を目指す設定になっていたはず。自分作ではセキュリティが存在するためゲーム同様目指している)

女性に弱いらしく、女性キャラを合わせると機嫌が上昇しやすいため彼を攻略する際には女性キャラを連れて行くとハートが貯めやすい。

DC以降に参戦している十文字武君は恐らく彼をより固定グラキャラとしての個性を伸ばしたキャラをイメージして作られたと思われる。

攻略wikiにはキャラ弱いと書かれてはいるが個人的には口が悪いながら思いやり溢れる性格でそれなりにキャラ立っている気がするんだけどなぁ…w

 

彼の名前はタッグフォースの開発者の一人から取られている。

使用デッキはゲーム内では主に【アルカナフォース】を中心に天使族を使用。

自分作では上記の「セキュリティ」を目指していると言う設定から今回紹介する【S-Force】を使用。また使用していたアルカナフォースとは「フォース」が同じく付く事も伊藤君にこのデッキを使用させようと思った。

主な使用カードは自分作内では《S-Force 乱破千代丸》、《S-Force プラ=ティナ》、《S-force グラビティーノ》、《S-Force ブリッジヘッド》、《S-Force スペシメン》。

エースモンスターは《S-Force ジャスティファイ》

 

______________________________________________________________________

 

締め

 

まさかの《セキュリティ・フォース》のOCG《セキュリティ・フォース》の言及がタッグフォースSPの発売年と同じ2015年なため約5年越しの伏線回収

自分はこの《セキュリティ・フォース》初めて名前見た時から結構気になっていたのでようやくOCGで使えるようになったのは凄く嬉しいですし、絶対組みたいデッキ!

ずっと待っていただけありイラスト・効果・カード枚数全てにおいて申し分なく本当組むのが楽しみすぎる

 

______________________________________________________________________

 

今回の更新は以上です。また何か思いつき次第更新します。

 

 ※よろしければTwitter及びピクシブのフォローもお願いします!

タッグフォース遊戯王の事をメインに話しています。

 

Twitter:https://twitter.com/gundamumikuxia

pixiv:https://www.pixiv.net/member.php?id=3355734

【光津真澄】至上の輝き【ジェムナイト】

「あなたの目…くすんでいるわ」

 

今回紹介するデッキは光津真澄ちゃんデッキこと【ジェムナイト】!

今年冒頭のマスタールール(2020)での暴走を懸念されてキーカードの一枚《ブリリアント・フュージョン》が規制されて大分カードパワーが下がったと思ったら…そんな事はなかったぜ!!

この間久しぶりに真澄ちゃんデッキ使ってみたら普通にワンショットしまくったので折角なので乗せです!!

 

______________________________________________________________________________________________

 

デッキレシピ

 

f:id:yumatoraru:20201026000422p:plain

 

デッキ名:至上の輝き

 

モンスターカード 23枚

 

《ジェムナイト・クリスタ》×1 《ジェムナイト・ガネット》×3 

《ジェムナイト・ルマリン》×3 《ジェムナイト・サファイア》×3 

《ジェムナイト・ラピス》×3 《ジェムナイト・ラズリー》×3 

《ジェムナイト・アレキサンド》×1 《ジェムナイト・オプシディア》×1

《増殖するG》×2 《レスキューラビット》×3

 

魔法カード 14枚

 

《ジェムナイト・フュージョン》×3 《吸光融合》×3 ブリリアント・フュージョン》×1 

《D・D・R》×2 《貪欲な壺》×1 《闇の量産工場》×1 《手札抹殺》×1 《異次元からの埋葬》×1

《ハーピィの羽根箒》×1

 

罠カード 3枚

 

《無限抱影》×3

 

EXデッキ 15枚

 

《ジェムナイトレディ・ブリリアント・ダイヤ》×1 《ジェムナイトマスター・ダイヤ》×1 

《ジェムナイト・ジルコニア》×2 《ジェムナイト・ルビーズ》×2 《ジェムナイト・マディラ》×1

《ジェムナイト・パーズ》×1 《ジェムナイト・プリズムオーラ》×1 

《ジェムナイト・アクアマリナ》×1 《ジェムナイト・アメジス》×1

《ジェムナイトレディ・ラピスラズリ》×2 《ジェムナイト・ファントムルーツ》×2

_________________________________________________________________________________________

 

デッキ解説

 

純構築の【ジェムナイト】デッキ。内容はかなりオードソックスなもの。

《ジェムナイト・フュージョン》を手札に加え《ジェムナイト・ラズリー》や《ジェムナイト・オプシディア》で消費を抑えつつ融合!融合に使った《ジェムナイト・フュージョン》は自身の効果で墓地から回収!

真澄ちゃん意識なのもありますが《アレキサンド》&《クリスタ》さんは外せない!

手札が回れば召喚権が余りやすいため追加打点を確保する目的もあります。

《増殖するG》は確か放送時の《ジェムナイト》使いのカリスマ決闘者だか誰かが実際に使用していたためそれを意識しての採用ですね。《ジェムナイト》はリソース回避能力に優れているとは言えやはり融合召喚デッキのためどうしても消費が激しい面はあるためその手札消費を補う目的もあります。

アニメでは無理矢理墓地へ送っていた《パーズ》さんも《ファントムルーツ》などが存在する今だとマジで《パーズ》付与《マスターダイヤ》を簡単に呼び出せるんですよね…w

正直真澄ちゃんを意識して《廃石融合》は入れておきたいとは思ったのですが《ファントムルーツ》などかなりワンキル能力が高いため罠カードの投入は戦力の低下を招くだけと思い非採用の形に。…真澄ちゃん意識したいならエメラルも入れろって?…はい…

 

________________________________________________________________________________________

 

締め

 

基本的な構成は気に入っている構成な事もあり、「レイジング・マスターズ」発売時の構築から余り変わってない、と言うか見直して見て思いましたけどほぼあの頃から変わってないんですよね…w

変更点は追加カードの《ジェムナイト・ファントムルーツ》が追加投入されたくらい。

これで普通に勝てるあたり【ジェムナイト】のポテンシャルやばい…w

真澄ちゃん本当いいキャラですよねぇ…作中の台詞も使いやすい物多かったし、当時は「デュエル革命」時代だったためみんなキャプ画像とか含めてユーザー間の盛り上がりが最高兆でしたしねぇ…当時を思い出す度、「何故この面白さを維持できなかったのか…」と悔やむばかり…と愚痴ってしまうのは良くないか…(この記事書いている時もARC-V序盤の話し久しぶりに見ていました)

まあ、ともかく何やかんや今でも真澄ちゃんも含めLDS三人衆はいいキャラだと思います。

そろそろ刃君にも強化下さい

 

________________________________________________________________________________________

 

今回の更新は以上です。また何か思いつき次第更新します。

 

 ※よろしければTwitter及びピクシブのフォローもお願いします!

タッグフォース遊戯王の事をメインに話しています。

Twitter:https://twitter.com/gundamumikuxia

pixiv:https://www.pixiv.net/member.php?id=3355734

【電子光虫】バグ入っている?

今回は「ブレイジング・ボルテックス」に待望の《カゲトカゲ》型の《電子光虫ーレジストライダー》が登場し大幅に強化されたのでかなり久しぶりに【電子光虫】デッキの紹介を!いや、マジで《レジストライダー》の登場はありがたい&嬉しすぎた…!!《電子光虫》にとって必要な要素をこれでもかって程持っていた…!!

______________________________________________________________________________________________

 

デッキレシピ

 

バグ入っている? Lv.6

 

モンスター 19枚

 

《電子光虫-センチビット》×3 《電子光虫-コクーンデンサ》×3 《電子光虫-ウェブソルダー》×3 《電子光虫ーレジストライダー》×3 《電子光虫ーLEDバグ》×2 《ギャラクシー・ワーム》×3

オネスト》×1 《バチバチバチ》×1

 

魔法 13枚

 

《光虫基盤》×1 《光虫信号》×2 《死者蘇生》×1 《スピリット・バーナー》×1

《ストイック・チャレンジ》×1 《月の書》×3 《闇の護封剣》×1

《コズミック・サイクロン》×2 《おろかな埋葬》×1

 

罠カード 8枚

 

《光虫異変》×3 《砂塵のバリアーダスト・フォース》×1 《底なしの落とし穴》×2

《リビングデットの呼び声》×2

 

エクストラデッキ 15枚


《電子光虫―スカラジエータ》×3 《電子光虫―コアベージ》×3 《電子光虫―ライノセバス》×3 《No.20 蟻石土ブリリアント》×2 《No.22 氷結のレディ・ジャスティス》×1 

《No.3 地獄蝉王ローカスト・キング》×1 《甲虫装機エクサスタッグ》×1

《甲虫装機ピコファレーナ》×1

______________________________________________________________________________________________

 

新規カード《レジストライダー》は電子光虫デッキにとって欲しい要素を多く備えた強力カード。

まず《カゲトカゲ》型の特殊召喚能力が強い!《電子光虫》は初動札が《ウェブソルダー》に頼りがちだったため初動で動けるカードが増えたのは大きく、これに加えて自身と特殊召喚のトリガーになったモンスターのレベルを5または7に変更できるため《電子光虫》デッキでも中々召喚が難しかった《ライノセバス》を容易に召喚できるようになったのはリンクモンスターを苦手とする電子光虫にとって大幅な強化に。

 

特殊召喚に成功した際の自分の場の昆虫族モンスターに表示形式変更能力もかなり強力、と言うか個人的には一番の本命。

《センチビット》・《LEDバグ》の召喚に反応して出された場合、そのまま《センチビート》の表示形式を変更し、効果発動。前者なら直接場に《電子光虫》モンスターを呼び出せます。

この際、基本的には墓地から蘇生出来る《コクーンデンサ》が優先して特殊召喚されると思いますが、このカード追加効果自体はそこまで強力ではないため手札消費こそ激しくなりますが相手の戦力を一気に無力化できる《ウェブソルダー》など状況に応じて使い分けていきたい。

 

苦手とするリンクモンスターに対しては素材の段階で《月の書》や《底なしの落とし穴》で対処。

幸いマスタールール(2020)になり、EXデッキからの特殊召喚にリンクモンスターが必須じゃなくなったためリンクモンスターの採用率がデッキにもよりますが下がっているので新マスタールール時代に比べると大分電子光虫にも光が見えてきていると思います。

《スピリット・バーナー》は《センチビート》・《コアベージ》の効果の補佐ができ、ドローロックするとは言え状況に応じて回収も出来るため外せない一枚。

______________________________________________________________________________________________

 

電子光虫はお気に入りのデッキの一つなため理想的な強化を貰えたのは嬉しいですね。

新マスタールール前は凄くお気に入りのデッキだったためかなり使い込んでいたのですが新マスタールールになって展開力の低い電子光虫にとってリンクモンスターを並べるのは難しい上、基本戦術となる表示形式変更とリンクモンスターは天敵だったため使うVRAISN放送期にはほぼ使わなくなってしまっていましたが(それでもお気に入りのデッキだったため崩すような事は考えもしませんでしたが)、マスタールール(2020)になり無理にリンクモンスターを入れなくても良くなった事それと同時にリンクモンスターの採用率の低下のおかげで大分使うモチベーションが復活してきました。

強力な新規カードである《レジストライダー》の登場も合わさり今後また使う機会が増えると思います。

そして、お気に入りのデッキだけにタッグフォースでどんなキャラが使うのか楽しみなデッキ。

イラスト的に男子キャラが使うイメージはありますがはたして?

______________________________________________________________________________________________

 

今回の更新は以上です。また何か思いつき次第更新します。

 

 ※よろしければTwitter及びピクシブのフォローもお願いします!

タッグフォース遊戯王の事をメインに話しています。

Twitter:https://twitter.com/gundamumikuxia

pixiv:https://www.pixiv.net/member.php?id=3355734

【志島北斗】目映き光【セイクリッド】

「眩き光もて降り注げ!エクシーズ召喚!現れろ!ランク6!《セイクリッド・トレミスM7》!」

 

今回の紹介デッキ

 

今回紹介するデッキは志島北斗君こと【セイクリッド】デッキ!

先日出た情報で《セイクリッド・カドケウス》で大幅に《セイクリッド》デッキが強化されたため折角なので記事にして見ようと思い今回紹介させて貰いました。

 

デッキレシピ

 

デッキ名:目映き光

 

モンスターカード 23枚

 

《セイクリッド・カドケウス》×3 《セイクリッド・ソンブレス》×3 《セイクリッド・カウスト》×3 

《セイクリッド・ポルクス》×3  《セイクリッド・グレディ》×3 《セイクリッド・シェラタン》×3 

《セイクリッド・シェアト》×3 《オネスト》×2

 

魔法カード 12枚

 

《ティンクル・セイクリッド》×2 《セイクリッドの星痕》×2 《増援》×1 《炎舞-「天璣」》×3 

《エクシーズ・インポート》×2 《ハーピィの羽根箒》×1 《死者蘇生》×1

 

罠カード 5枚

 

《神風のバリアーエア・フォース》×2 《無限抱影》×3

 

EXデッキ 15枚

 

《セイクリッド・プレアデス》×3 《セイクリッド・トレミスM7》×3 《セイクリッド・オメガ》×3 

《セイクリッド・ピーパイプ》×3 《セイクリッド・ヒアデス》×3

 

デッキ解説

 

基本的な動きは従来の《セイクリッド》デッキと余り変わらないため省略して主に新規カードの情報を交えた戦術を紹介。

先日紹介された《セイクリッド・カドケウス》は今までの《セイクリッド》に不足していた召喚権を使わない展開手段であり、更に一ターンに一度《セイクリッド》魔法・罠カードをサーチできるため《セイクリッド》モンスターXの召喚に成功する度に一枚ドローできる《セイクリッドの星痕》やレベルを操作できる《ティンクル・セイクリッド》を状況に応じてサーチできます。

基本はアドを稼げる《星痕》を優先してサーチする事にはなると思いますが下記の通りレベルを合わせるために《ティンクル・セイクリッド》も1枚は刺して損はないカード。

今までは微妙微妙言われていたカードですが、幸いこのカードには墓地回収効果があったためサーチ効果を持った《カドケウス》の登場により大分使い勝手が良くなり、十分採用候補のカードの一枚に。

勿論、《カウスト》でレベル変更できるしいらなくね?と言う人もいるかもですが《カウスト》だけに頼り切る事も出来ませんからやはり柔軟にレベル変更が可能なこのカードの存在は決して侮れないです。

 

その他、従来ではサーチ効果を持ちながら召喚時限定故にそのターンの行動を縛られやすい《セイクリッド・シェラタン》もこのカードの登場により、《シェラタン》でこのカードをサーチ→《カドケウス》の効果で自身を特殊召喚&そのままサーチ効果で《ティンクル・セイクリッド》サーチ→《シェラタン》のレベルを4に上昇、でエクシーズ召喚が可能になったため従来に比べても動きに幅が出ました。

やはり便利だけど少しだけ使い勝手が…なカードが新しいカードで普通に実戦級になるのは見ていて楽しいですね!基本的に今後は《シェラタン》は3積み安定になるかと。

 

締め

 

使い手の北斗君は最初見た時は「嫌な野郎だなぁ」みたいな感想しかなかったのですが話が進む度にコメディ化しつつもどこか憎めないキャラになってきて、何より《セイクリッド》という格好よくて強いテーマ使いである事も相まってドンドン好きになったキャラです。

…それだけにLDS3人衆の一年でのフェードアウトは惜しすぎた…

ゲームなどではセイクリッド使いは北斗君以外にも様々なキャラが存在しますが、やはり名前と良いアニメでの活躍と良い最もセイクリッド使いに相応しいキャラは北斗君だと思います。

 

 

今回の更新は以上です。また何か思いつき次第更新します。

 

 ※よろしければTwitter及びピクシブのフォローもお願いします!

タッグフォース遊戯王の事をメインに話しています。

Twitter:https://twitter.com/gundamumikuxia

pixiv:https://www.pixiv.net/member.php?id=3355734

【ミント・ロケット】暴走!!スプリガンズ・ロケット!!【スプリガンズ】

 「うるさーい!うるさーい!」

 

 

今回の紹介デッキ

 

今回のデッキは今月末発売「ブレイジング・ボルテックス」収録の《スプリガンズ》!

使用者イメージは今までは余り合うデッキがなかったため妥協で《プランキッズ》に使用者を設定していたミント・ロケットちゃん!

炎属性・機械族という《ヴォルカニック》やとある架空デュエルでは《列車》を使っていたミントちゃんにはロケットタイプのモンスターが多い事も相まってまさにぴったりなカテゴリ!

 

キャラ紹介

 

      f:id:yumatoraru:20201022175930p:plain

 

ミント・ロケット

 

TF4から登場した少女。参戦作品はTF4~6まで(一応、TFSPでも少しだけ出てきます)

ロケットが大好きな少女で使用デッキの名前には昔ジャンプで連載していた漫画「ロケットで突きぬけろ」から取られている。(自分はこの作品知らないのでデッキ名に反映できてなくてすみません…)

かなりキャラの好き嫌いが激しくほぼ全てのキャラが-2段階というかなり珍しいキャラ。一方で彼女自体を会わせてもそこまで機嫌が下がるキャラがいない。

…TFSPの描写ではマーサハウス出身ぽいけどこれだとマーサ凄く苦労しているんじゃ…とか思いましたね…w(流石にマーサに対しては素直だと思いたいですが…w)

攻略wikiには「ロケットは好きではあるがロボットは嫌い?」とか未来組と絡まれて書かれているけど恐らく彼女達が生きている時代ではアンドロイド自体が珍しいため単にプラシド達の正体に気づけなかっただけの可能性もある。(そもそもアンドロイドが普及している世界じゃない限り普通に考えて人にそっくりなアンドロイドを見抜ける人はそうそういない、と言うか皆無だろうし)ここら辺については創作する人次第で解釈が分かれる事になると思います。(自分作ではまだここら辺特に決めてないので無反応設定)

使用デッキはゲーム内では《ヴォルカニック》及び初期デッキでネタデッキに近い【ロケット】を使用。

自分作では今後【スプリガンズ】を使用。炎属性・機械族で尚且つロケット型のモンスターが切り札な事からまさに彼女に相応しいテーマだと思い、すぐに使用者に定めましたねw

主な使用カードは上記の通りゲーム内ではオブライエンのデッキを使っているため省略し、《スプリガンズ・ロッキー》、《スプリガンズ・キャプテン サルガス》、《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》、《スプリガンズ・コール》、《スプリガンズ・ブラスト》、《鉄駆竜スプリンド》、切り札は当然《スプリガンズ・シップ エクスブロウラー》。

 

デッキレシピ

 

暴走!!スプリガンズ・ロケット!!

 

モンスターカード 22

 

スプリガンズ・キャプテン サルガス》×3 《スプリガンズ・バンガー》×3 

スプリガンズ・ロッキー》×3 《スプリガンズ・ピード》×3 《アルバスの落胤×3 

《海亀壊獣ガメシエル》×2 《教導の聖女エクレシア》×2 《教導の騎士 フルルドリス》×1 

《アークジェット・ライトクラスター》×2

 

魔法カード 9

 

《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》×3 《スプリガンズ・ウォッチ》×3

《テラ・フォーミング》×1 《おろかな埋葬×1 《ハーピィの羽根箒》×1

 

罠カード 9

 

スプリガンズ・コール》×3 《スプリガンズ・ブラスト》×3

《ドラグマ・パニッシュメント》×1 《ドラグマ・エンカウンター》×2

 

EXデッキ 15

 

スプリガンズ・シップ エクスブロウラー》×3 《鉄駆竜スプリンド》×3

《痕喰竜ブリガンド》×1 《灰燼竜バスタード》×1 《宵星の機神ディンギルス》×1

《神竜騎士フェルグラント》×1 《No.27 弩級戦艦―ドレッドノイド》×1

《超量機神グレートマグナス》×1 《天霆號―アーゼウス》×1 

《幻子力空母エンタープラズニル》×1 《無限起動アースシェイカー×1

 

デッキ解説

 

炎属性・機械族モンスターである《スプリガンズ》モンスターを中心としたデッキ。

スプリガンズ》モンスターは展開力こそ低いですが、手札・フィールド・墓地で《スプリガンズ》モンスターXの素材になる効果を持ち、尚且つ《大砂海ゴールド・ゴルゴンダ》の効果で場に《スプリガンズ》モンスターXがいなければ直接切り札である《スプリガンズ・シップ エクスブロウラー》を呼び出せるため豪快な破壊効果で相手の盤面を破壊していきます。

ただ《スプリガンズ》モンスター全体の特徴として自分のターンの行動力はありますが相手ターンにタッチする力が現状かなり少ないです。

一応、相手ターンには《サルガス》の除去能力と《スプリガンズ・コール》から呼び出した《アルバスの落胤》君の融合効果や《スプリガンズ・ブラスト》の効果で相手の行動を妨害していけるとは言え、少々限定的なところもあるので止めどころを見誤らずにいきたいです。

 

《エクスプロウラー》は効果こそ強力ですが、位置を参照する都合上大量破壊は相手フィールドに左右されるため《壊獣》で無理矢理ゾーンを移動させて、上手く破壊効果の範囲を広げていきます。

位置に関係するカードが多い事から当然《壊獣》との相性も抜群!破壊箇所をコントロールしつつ、効果を受け付けないモンスターはパクンチョして対処しちゃいましょう!

 

展開力が低いため《ゴールド・ゴルゴンダ》で出せる《エクスブロウラー》以外のEXモンスターについては単体で強力かつ盤面をひっくり返せるようなカードを多めに投入。

簡単にモンスターXを展開できる事から《アーゼウス》は当然相性抜群。

重ねる条件の戦闘も《ゴルゴンダ》の効果で打点不足も解消できるため問題になりにくく、展開力や相手ターンの動きに乏しい《スプリガンズ》にとっても《アーゼウス》の相手ターンにも使える除去能力は弱点を補えます。また《アーゼウス》の効果にはターン1制限がなく《スプリガンズ》の共通効果でX素材も貯めやすいため相手のデッキタイプ次第では《エクスブロウラー》経由の《アーゼウス》はそれだけで詰ませる性能スペックを発揮できます。

 

このデッキの問題点としてやはり基本的な展開を《ゴールド・ゴルゴンダ》に依存しているところが上げられます。《スプリガンズ》自体には展開力があるわけでもなく《ゴルゴンダ》による特殊召喚は正規のエクシーズ召喚扱いではないため蘇生制限を満たさないので《エクスブロウラー》3枚を失うと途端に動きが鈍くなってしまいます。

これについては《スプリガンズ・ロッキー》のサルベージ効果で問題になりにくいですが、問題なのは《ゴルゴンダ》には(当り前ですが)同名ターン1制限もかかっているため仮に《幽鬼うさぎ》等をくらえばそのターンはほぼ動けなくなります。

そうなった場合は上記の《アルバス》君や《スプリガンズ》罠カードの効果で上手く凌いでいきましょう。

 

締め

 

カテゴリ自体も面白く、久しぶりに「これ○○(使用デッキが決まってなかったり、アニメテーマ使っていたキャラ)の新しいデッキに相応しい!」と言うデッキが来てくれたため色々な意味で注目しているテーマです。

ミントちゃんには前々から炎属性・機械族のテーマを使わせるつもりでしたが中々その組み合わせのテーマが現れず、妥協策で《プランキッズ》を使用テーマにしていましたが若干イメージに合わない事もあったため《スプリガンズ》のおかげでようやくミントちゃんの使用デッキが固まったのは嬉しいぜ…新しいデッキを決めるにしてもイメージが合うデッキがこないとどうしようもないですからねぇ…

 

今回の更新は以上です。また何か思いつき次第更新します。

 

 ※よろしければTwitter及びピクシブのフォローもお願いします!

タッグフォース遊戯王の事をメインに話しています。

Twitter:https://twitter.com/gundamumikuxia

pixiv:https://www.pixiv.net/member.php?id=3355734

【ミサキ】エレキ・ボルト【エレキ】

「…」

 

 

今回紹介するデッキはゲーム「ワールドチャンピオンシップ2011」のオリジナルキャラクター「ミサキ」の使用する【エレキ】デッキ。まだ荒削りですが基本的な動きを上手く見いだせたので紹介したいと思います。

 

キャラ紹介

 

f:id:yumatoraru:20201019104548j:plain

 

ミサキ

 

「ワールドチャンピオンシップ2011」に登場するゲームオリジナルキャラの一人。

ゲーム中盤主人公とその相棒トオルがシティに着くと登場し、メカに強い事から主人公チームのメカニックを担当する。決闘者としても腕が立ち、トオルからも信用されている。

無口な性格ではあるが仲間を心配したり、可愛い物にはしっかり反応したり、年相応の女の子らしく照れるとテレるなど決してそっけないタイプではない。

その正体はブルーノ(アンチノミー)と同じく主人公を守るために未来から来たデュエルロイドの一人。

終盤アンチノミーとほぼ同様の格好で主人公にイリアステルと闘うための術を教える。(この状態ではデュエルはしないが、恐らく未来人設定も考えるとアクセルシンクロを使えるのは間違いないだろう。もしくはアンチノミーと対になるよう彼女はバーニングソウル(ダブルチューニング)を主人公に教える側だったのかもしれない。…どっちでもいいので《エレキ》にこれ反映した新規下さい…)

イリアステルの最終決戦後主人公に「未来を救ってくれてありがとう」と礼を言いありったけの笑顔を向ける姿に心を落とされた人は多いだろう。

使用デッキは【エレキ】。

タッグフォースシリーズの制服龍亞の使う【エレキ】は元は龍可のデッキらしいため、おまけシナリオでレグルスに会うのはこれを反映してかもしれない。同じく未来人設定のあるレインとは何かと共通点がある。

 

デッキレシピ

 

f:id:yumatoraru:20201019093551p:plain

___________________________________________________________________________________________

 

デッキ名:エレキ・ボルト

 

 

モンスターカード 22枚

 

《エレキテルドラゴン》×2 《エレキコブラ》×3 《エレキタリウス》×3 《エレキツツキ》×3 

《エレキトンボ》×3 《エレキリギリス》×3 《サンダー・ドラゴン》×3 《オネスト》×2

 

魔法カード 14枚

 

《エレキカンシャ》×3 《エレキー》×2  《エレキャッスル》×1 《エレキュア》×1 

《エレキューブ》×2 《雷龍融合》×2 《地獄の暴走召喚》×2 《封魔の矢》×1

 

罠カード 4枚

 

《百雷のサンダー・ドラゴン》×2 《エレキャンセル》×1 《エレキーパー》×1

 

EXデッキ 15枚

 

《双頭のサンダー・ドラゴン》×2 《超雷龍ーサンダー・ドラゴン》×1

《雷神龍ーサンダー・ドラゴン》×2 《エレキマイラ》×2  《エレキリム》×2

《常夏のカミナリサマー》×2 《ブラック・ローズ・ドラゴン》×2

《ミスト・ウォーム》×1 《ライトロードアーク・ミカエル》×1

___________________________________________________________________________________________

 

デッキ解説

 

《エレキ》モンスターを中心とした雷族モンスター中心のデッキ。

《エレキ》モンスターはそのほとんどが攻撃力1500以下と戦闘面にめっぽう弱いですが直接攻撃可能なモンスターが多く、低攻撃力故に《平和の使者》などのロックカードとの相性がいいです。

 

…が今回の構築では《平和の使者》などのロックカードを使わず《エレキカンシャ》によるサーチ&一斉特殊召喚を主に狙う構築となっています。

《エレキカンシャ》は場の雷族モンスターの数まで《エレキ》カードをサーチ出来るためこれでアタッカー及び直接攻撃が可能になる《エレキー》をサーチし、次のターン⑵の効果を使いサーチした《エレキ》を展開、《エレキー》を発動し直接攻撃を狙っていく。この際には2回攻撃が可能な代わり、直接攻撃が不可能な《エレキツツキ》・《エレキタリウス》を優先的にサーチし、ダメージを稼ぎ、相手のLPを削る!

足りない打点は同じくサーチ可能な《エレキューブ》で補っていきます!

一斉攻撃時の相手の罠カードの妨害については《封魔の矢》で対策!

これらの2回攻撃可能なモンスターは《オネスト》とも相性が良いためコンボパーツが揃わない場合でも相手の盤面を処理し、時間稼ぎしていきましょう!

 

その他サーチ候補としては高打点の《エレキテルドラゴン》や相手の行動を妨害できる《エレキャンセル》。

上級モンスター故に腐りやすいですが《エレキカンシャ》の⑵の効果で容易に特殊召喚が可能。

《エレキャンセル》は手札コストこそ必要ですが《エレキ》名称を持つためにサーチに対応しているため一枚だけ刺しています。

《エレキーパー》も同様の理由で単体では《リビングデッド》などの下位互換ですがこちらは《暴走召喚》のトリガーに可能で尚且つサーチ出来るので結構重要なカードだったり。

《暴走》先はロック性能が高い《エレキリギリス》や直接攻撃で相手のLPを一気に削れる《エレキコブラ》など。

 

《エレキ》カードだけでは若干パワー不足な面があるため《サンダー・ドラゴン》及び《雷龍融合》も搭載し、融合《サンダー・ドラゴン》でコンボパーツが集まるまで相手の動きを阻害していきます。

《百雷のサンダー・ドラゴン》は墓地の雷族の同名モンスターを可能な限り特殊召喚できるため直接攻撃が可能なモンスターが多い《エレキ》とは相性抜群!場に一気にモンスターが3体並ぶため《エレキカンシャ》のサーチ効果とも相性が良く、攻防一体のカード。

 

締め

 

ミサキはかなり可愛いキャラですし、「ミサキのデッキをちゃんと作ってあげたい!」と思っていながら中々アイディアが纏まってなかったので先日ようやくアイディアが纏まり今回の更新に至れたのは嬉しいですw

ミサキ可愛いよミサキ!久しぶりにミサキ描いてみようかな…w

 

今回の更新は以上です。また何か思いつき次第更新します。

 

 ※よろしければTwitter及びピクシブのフォローもお願いします!

タッグフォース遊戯王の事をメインに話しています。

Twitter:https://twitter.com/gundamumikuxia

pixiv:https://www.pixiv.net/member.php?id=3355734